レバードラグリール ゲットォォォ!

探し物

今、マハタで使用しているリールがジギング用のシマノジガー1500。特に問題は無いのだけれど、堅牢な分少し重く、ドラグはスタードラグなので調整がしづらい。特に後半は手持ち竿が苦しくなる時があり、パーミングしづらいリールの大きさにも少々不満。

かといって、大手メーカーから発売されているレバードラグのリールは、マハタには不必要に大きくまた高い。

ずっとネットで探していたのだけど、最近カスタムハンドルやノブでネットショップを席巻している「ゴメクサス」というメーカーから、何とカルカッタ200サイズのレバードラグシステムのリールが発売されていた。

ゴメクサスというメーカーを調べてもろくな情報が得られない。リスクはあるが、一万円台で買えるので、失敗覚悟でポチッと。

さすがAmazon、昨日発注して今日届いた。

びっくりなのがその軽さ。ワンピースアルミ削り出しボディはすっぽり手のひらサイズで、そのくせPE4号が270m巻ける。

f:id:BOSS0430:20200126142948j:image

↑バス用のベイトリール並みの大きさ。このクオリティで一万円台って…

 

早速準備

糸を巻いて、アナリスター 73にセット。ちなみにこの竿、汎用竿なのだけど、マハタ専用と言っても良いくらい気に入ってる。SS丸の息子にもこの竿は褒められた。80号に対する曲がりや、2.6mの長さが実に使いやすい。

改めてこのセッティングの軽さに驚いた。これなら終日持ち竿で釣り切れる。

説明書にはmade in chinaと、予想通りの生産国表示。ろくに説明が書かれて無いので、色々いじくってレバードラグの使い方を習得する。少々慣れが必要そうだけど、ファイト中のドラグ操作のやり易さはやはりスタードラグの比では無い。

f:id:BOSS0430:20200126143810j:image

↑この大きさで28キロのドラグって、見たこと無いしね〜

 

実釣が楽しみ

このところ大原沖のハタが好調。前回はすっかりヘタレてしまったが次回リベンジを誓い、今一度イメトレと小道具の準備をやり直し中。大原にイワシが差してきた。渡りヒラメも連日ネットを賑わしている。何とか寝かせて刺身にするくらいのサイズをゲットしたい〜!

ブログ読者になって頂いたKK丸常連さんから教わったイワシ仕掛けも作成した。

次回こそ!と思っているこの瞬間が、釣り人にとって一番幸せな時間なんだなぁ…。次回、2月15日、KK丸予約!