久しぶりに釣り 〜オニカサゴ、投打噛み合わず

3月以来の釣り

転職して少し落ち着いたところで、久しぶりにM丸でオニカサゴ釣りに出た。もともと、門人会の研鑽会の予定だったのだが、緊急事態宣言を受け、中止になってしまったのだ。

ということで、オイラは単独釣行する事に。

目覚ましかけまちがって、嫁に朝起こされて慌てて出発した。道中順調で、定刻前に船形港に到着した。

 

そそくさと

女将さん、船長に挨拶し、程なく出港。まだ気温はさほど高くなく、心地よい潮風に吹かれて自ずと気分が上がる。

f:id:BOSS0430:20210718143131j:image

f:id:BOSS0430:20210718143138j:image

↑べた凪の館山沖

 

実釣開始

1投目、糸が真横に払い出される。船長、すぐさま上げて、の指示。逆潮がぶっ飛んでいる。

船の流しを180度変えて、再度実釣開始、相変わらず潮がぶっ飛んで、底取るのがやっと。なんだけど、あたりを捉えた。ククク。2あたりを待つと程なくククク。速潮なので2あたりで合わせる。潮と200号の錘のせいで、魚信が分からない。時折、ククク、と生命感。ところが上げてみるとスカ。いつものパターンで、いつバレたか分からない、って奴だ。

3投ほどすると、潮が落ち着いてきた。

すかさず船長、難所へ向かう。

そして、良いあたりを捉えた。ググン!

糸をフリーで送ってクラッチオン。明確なあたりで2あたり、すぐさま合わせて巻き上げに入る。相当糸がふけているので、速めのスピードで。船長から、速いよ〜、とお叱りを受け、13〜14位まで落とす。やがて、糸が船底方向へ。お祭りだ。嫌〜、な予感。船長、糸を解いてリリースしてくれた。巻き上げ再開、なれど案の定魚信は消えた。バラシだ。

今日は先が思いやられるなあ。

 

次の流しで、今度こそ、のグッドサイズ。と、思ったらカンコ。

気を取り直し、再度あたりを捉えた。合わせると、結構良いサイズだ。やっとだぜい。のんきに巻き上げてたら、またもやお祭り。そしてまたもやバラし…。

 

こんな調子で

食いがいいのであたりは毎回にように出せるのだが、しっかり合わせが効かないか、お祭りでバラしが続いた。野球なら投打噛み合わず、ゴルフならショットとパットが噛み合わず、と言ったところ。

途中、船長から駆け上がりの攻め方を伝授される。合わせ入れない。船長流だ。本当にこれでハリ掛かりしてんのだろうか…?その流しであたりを捉えた魚も、あら不思議、直前まで魚信があったのに、タモ入れ寸前にバラし…? 魚はどこへ?

泣きの1投まであたりを出すも、全てこの調子で、チビ鬼1、カンコ1で終了

不完全燃焼の1日だった〜

f:id:BOSS0430:20210718160956j:image

↑よりとりリングやジャラジャラタコベイトつけてんじゃねえ!速潮なめんな〜ww

 

 

0424久々のマハタ

低調の中

最近の大原はあまりいい釣果が聞こえてこない。それならそれで、渋々の釣りを楽しんでみよう、と久しぶりにKK丸へ。

常連さんはM沢さん。右舷2番3番に並んで、総勢8名での出船。

f:id:BOSS0430:20210424163548j:image

風弱く、からりとした晴天。絶好の釣り日和ww 台風の影響でウネリが有る

 

船長の操船は…

大谷ノツノ〜半年堂モタレあたりを攻める。

第一投から流しが長め。その終盤に早速あたり!

ガガガ、ガガガ…

 

ん?

 

ガガガ…

 

れ?

 

グイグイ

 

とりあえず合わせてみると、あまり重くないが魚がかかる。あたりからしてヒラメだな。

M沢さんにすくってもらったのが、船中1匹目のソゲだった。

 

その後は…

あたりが遠い。船長いわく、イワシの反応が沖まで出ているとのこと、多分腹一杯で口を使わない様だ、と。何てこったい。

そうこうしてると、魚信が。

ガガガガ…

イワシが鈎ハズレした感触。あたりをM沢さんと船長に目撃される。仕掛けをあげると案の定、イワシは無くなっていた。

さらにもう一回、ゴゴゴン、とあたり。で、それっきり。ムムム…

今度は頭が潰れたイワシが上がってきた。

 

その数投後、根が落ち込んだあたり、底付近でガガガガ、ゴンゴン、今度こそ、あわせを入れるも、ちゃっけ〜!

上がってきたのはコハタ。

M沢さんはキロアップを上げた。

 

まだ8時

後3時間、集中して釣ろう、と気持ちを立て直し、着底から3mまで丁寧に探る。しかし食わない。

船中、時よりハタが上がるも、ほんのポツリポツリ。

M沢さんが3キロヒラメをあげる。そして、おいらに待望のあたり!

コココン、コココン…

グングン!

十分食わせてフッキング。

スポ!

 

抜けた…。

 

最後は

カンコ1匹追釣して終了。

南洋に台風があり、大きなウネリが有るが、風弱く絶好の釣り日和。イワシが多すぎて渋いなんて、なってこったい、の一日だったなあ。

 

0327オニカサゴ 久々の真澄丸

絶好の釣り日和

ポカポカ晴天で風もなく、館山沖はひねもすのたり、の様相。新人さん4人+遠竹さん、よっちゃんの7名で出船した。

乗船時に船長熱血レクが小一時間あり、今日の沖上りは遅くなりそうだ。

遠竹さん、館山にセカンドハウスを得たらしく、今後登場回数が増えそうとのこと。

 

前半は掛け下がり

新人さんが居るとだいたいこのパターン。本日は真潮の1ノット前後。程よく潮が効いている。90m付近から掛け下がりを攻める。4〜5投目、コツン、と小さなあたり。クク、と2あたり出るも、チビな感触だったので、そのまま放置。直後、ゴゴン……、グイグイ、と明確な当たりが出た。巻き合わせを入れて巻き上げ開始。上がってきたのは中学生くらいの鬼。枝針だった。先ばりにはなんと5センチくらいのノドクロが。kisenryuu 竿はこんなあたりも拾っちゃうので、食いがいい時はチビばっかり掛かる時も。そんな時は少し待つ作戦が有効になりそうだ。

 

今日は食いが良い

のだけれど、ツキが無い。

その後掛けた良い鬼(と思われる)は、お祭りでバラしてしまう。

後半駆け上がり、との宣言だったが、フラットなポイントに船長は入った。同時に潮が緩み流れなくなった。フラットで凪、潮緩みの状況はあまり経験がなく、結構難しかった。錘を浮かせてしまったらサメ。底を取って居ると流れないのであたりが出ない。その上鯖の猛攻。なかなかムズイぞ!

 

サバをサバいて

餌にする。残り三投、6枚の鯖たんを大きめに作り、大鬼狙いだ。

鯖にいじめられながら、最後の流し。錘を底にステイ、少し底切って場所が変わったであろうタイミングでまた底にステイ、を繰り返して居ると、クク、と小さなあたり。すかさず糸を送って2あたりを待つと、はっきりした魚信でググググ、と竿先が入った!160〜180mでこのあたりは、鬼ならデカイぞ!そしてフッキング。ゴンゴン、と完全に乗った!鯖ともサメとも違う暴れ方、完璧鬼だ。重さも十分。久々の夢サイズか⁈

 

巻き上げ中も、気持ちいいほど鬼らしい魚信が出る。

ところが、途中で船底へ糸が入っていく。あやや、お祭りだ!よっちゃんの糸と交差しながらよっちゃんの糸が後ろの新人と祭っていて、身動きが取れない。よっちゃんの糸見ながら船べりに竿先振って巻き上げを続ける。暫くしてよっちゃんのお祭りが解けるも、オイラの糸はやっぱり船底に向く。???

そうこうしているうちに巻き上げが終わり天秤を取ろうとするが、急激に重くなり上がらなくなる。天秤をなんとか掴んで引き上げると、誰のものかわからないPEラインが絡まっていた。そうか、底で根掛かり高切れした仕掛けを拾ってしまったんだ!なんとか天秤を引き上げると、先ばりには中学生鬼。水面近くで鈎が外れて、よっちゃんが懸命にタモ入れしようとしてくれたが、ゆっくりゆっくり、その鬼は沈んでいった。よっちゃんには、すくえずにごめなさい〜、と謝られてしまったが、それよりショックだったのが、大鬼確信してたのにあのサイズだった事。もし無事釣り上げていても、ガッカリには変わらなかったわーww

という事で、よっちゃん気にしないでね。

 

遠竹さんの釣った鬼はオイラが頂き、カンコはよっちゃんへ。昨日船長が釣った大鬼もよっちゃんへ。サバ3匹持ち帰り、今日は鬼のアクアパッツァと鯖の竜田揚げにしようかな。明日はアクアパッツァの残りでパスタだな。

 

4月に転職するため、現在年休消化中ながら、なんやかんやと出社しなくてはいけない用件も多く、オイラが取れる年休も残りわずか。29日はKK丸を予定。模様が悪そうww

 

f:id:BOSS0430:20210327204115j:image

f:id:BOSS0430:20210327204009j:image

 

0319こんな日もあるさ。またやらかすww

好調大原沖

だったのに、昨日から釣れなくなったらしい。なんてこった、オイラが行くと渋くなる〜。

ということで、覚悟の釣りながらなんとかボインちゃんを釣りたい。

今日は3人。オイラは右2番目の定位置へ。

 

前半がキモだった

三投目、右ミヨシ常連さん、いい当たりながらフッキングせず、との声。ここにはいるぞ、とトンビサキノ高根。3m巻き上げたところでイワシが暴れる。来るぞ、来るぞ、と待っていると本当に来た。ゴゴゴ、ゴゴン!いきなり竿先が入った。そのままフッキング!

…。

スカったあああ…

魚だけ取られてさようなら。鈎まで含んでなかった模様。あたりからして2キロアップ確定の感じだったのに、残念〜

気を取り直して、次の投入。

3mで待つと、モタ〜、としたもたれの後で、ガガガガ!

ところがそれっきり。仕掛けをあげると、頭ぺっしゃんこのイワシが。クソ〜、掛からないなあ。

今日はあたりが結構出るな、と思ってたら、ミヨシがファイト開始。⒈5キロくらいのを上げた。

さあ、次はオイラだ、と集中するも、あたりはそれっきりだった。

毎回、気持ちを落ち着けて丁寧にベタ底から4m位まで探るも、あたりが出せない。

途中、イワシおちょぼ口にかじられて上がってきた。ウマヅラだ。どうせだったら鈎掛りすりゃ良いものを、鈎だけ避けて上手に餌を取られた。

 

やがて北東風に

大原沖が荒れ出した。北東風で一挙にうねりが高くなる。立ってられないくらい船が揺れる。船長、たまらず11時前に沖上がりを宣言。

坊主覚悟の釣り、こんな日もあるさ。

次回、27日真澄丸で鬼。これまた坊主覚悟の大鬼狙い。スランプにならない様にしないと。今日は釣れなかったが、丁寧に誘いを続ける事ができた。今日は海が悪かったせい、という事にしよう。それにしても、絶対いるのに、食わない時は食わないものだ。結局船中1匹で終了。

ショットバイパーが戻ってきて良いのを釣りたかったが、次回へ持ち越し!

 

0308大原マハタ、激ムズww

予報では…

強くないが北東風。正午に向け徐々に強まり、小雨も混じる模様。大原は北東風では荒れるので、序盤が勝負どころか。潮回りは長潮で、潮止まり前後の時合いなどが期待できなさそうだ。

渋いのを覚悟する必要がありそうだ。

f:id:BOSS0430:20210307134510p:image

このところ、大原ではそこそこの良いサイズがよく釣れている。魚は居る。口を使ってくれれば良いのだけれど。

今日は常連Oさんと申し合わせて同船した。Oさん右トモ、オイラは右胴の間に入る。

ところでオイラのエース竿、残念ながらまだ返って来ないので今日もサブの海翔で勝負。

 

今日のポイントは

大谷ノツノから半年堂モタレまで南下、その後最近好調の黒森ダシへ。

底取って3mまでゆっくり巻き誘いを繰り返すが、4投目まであたりなし。五投目、底取って1mまで誘ったところであたり。ガガガ、ガガガ。

ン?

ググググ…

ン?

グイグイ、グイグイ…

あれ?

ズ〜ン、ようやく重さが竿先の乗った。ヒラメかな…?

と思ってたらキロサイズのハタだった。まずは一本取れてホッとする。

次の投入。

やっぱり底取ってゆっくり巻きで1mでもたれあたり。はっきりしないが、明らかに魚。少し待つと、ググググ…、ググググ…。2度3度こんな感じのあたりが出るも、竿先が入らない。ゆっくり聴き合わせると、ゴンゴンゴン、と鈎掛かりした。さっきよりサイズが良さそう!

で、上げてみたらヒラメだった。ソゲサイズながら、寒平目、嬉しいゲスト。そう言えば昨日スーパーで、おんなじ様なサイズのヒラメが5,980円で売ってたな…。

 

ここからがいつものパターンで、

船長と今日は食いが悪いね、活性低いね、と会話していると、ひさしぶりにいきなりズドン!の良いあたり❗️

ところが竿先を絞り込んだのに鈎掛かりせず。多分胴のあたりを咥えて餌だけ引ったくられたものと思われる。残念〜

その次もまたあたり。ガガガガ…。今度はそれっきり。やっぱり餌取られてフッキングせず。

まだあたりが出ているだけマシ。

ところが以上が全部1m付近での出来事だったため、その後棚を見失ってしまう。

船中ポツリポツリとハタやヒラメが上がるも、オイラにはそれっきりあたりが出なくなってしまった。

 

終盤に

これまで獲物がなかったOさんがファイト開始!「ヒラメかな…?」と言いながらOさん、丁寧に巻き上げ、タモ入れしたのがナイスサイズの2キロアップのヒラメ。流石です。

 

棚は2m位とのこと。オイラは色々な棚を探ってみていたのだが、低い棚で食わせた日はなかなか高い棚で辛抱が効かない。その後、一回あたりを捉えるも、フッキングに至らずだった。

 

北東風が強くなり、うねりも出てきて海が悪く、なかなか難しいコンディションだった。しとしと雨が降り続け、体温を奪っていく。潮の色もいつもの深い群青ではなく、少し緑がかって濁りが入っている様だ。船長、こんところで1番食いが悪い日だ、とのこと。

坊主逃れただけ、これまでより進歩、かな?

f:id:BOSS0430:20210308141353j:image

↑今日のオカズにはなったかな。

寒平目、楽しみww

 

 

0226ハタと竿のリベンジマッチww

前回の事件

後ろと祭ってペラに巻かれて折れたショットバイパーの穂先。修理に出したが結局竿交換となり、免責条件から20k支払うことになった。大損害〜 その上返ってくるのが1ヶ月くらいかかるらしい。今日は控えの海翔でタタカウことに。

前回はその上大荒れの大原で完全坊主を喰らって今日はそのリベンジマッチ。

最近大型がよく釣れていたが、昨日、一昨日と釣れた型が急激に小型化。まあ、いつもの展開だ。やれやれ ʅ(◞‿◟)ʃ

前回の大荒れの翌日、Mさんが連釣すると聞いて、デカイの釣ってくださいね〜、なんて言ってたら本当に4キロオーバー釣ってしまった。おめでとうございます㊗️!

あやかりたいものだ。

 

遅刻寸前

で到着、急いで支度する。今日は5名の乗船で、右ミヨシによっちゃん、オイラはいつもの右2番でスタート。黒森のダシから攻めていく。底取って3m巻き誘い、また底取って巻き上げたところで、ガガガガ、ガガガガ、…、グイグイ、とあたり。今ひとつハッキリしないあたりだったが、合わせを入れると乗った。良い重さ。第一投から上々の滑り出しで、後検量2キロのまずまずサイズ。

第二投では駆け上がって落ち込んだところで、底1mからかけ下がりを利用して棚をさぐると、ゴゴゴ、ゴゴゴ、ゴン、ゴン、で2匹目。ややサイズダウンもキロアップ確実サイズ。

第三投、第四投でもあたりが出るが乗らず。

地合いだったのか、船中全員が序盤に型を見る事ができた。

その後、黒森は沈黙。船長、南側の大場所に移動。大根と呼ばれる場所だろうか、Oさんが5.9キロを上げた付近と思われ。

移動直後、底取った瞬間に、ガガガガ!追釣。さらに同じ流しでもう一本。今日は不思議なほど釣れる。ただ、サイズアップが達成できない。

数投後にもさらに同じ流しで2本。今日のあたりの出方は、いきなりズドン、と来ずにヒラメチックにイジイジといじくって重さが乗る感じだった。

最後の流しにもう一本、キロサイズを上げて納竿。

一本、なんだかとっても黒い個体が混じる。冲上がり後、じっくり観察すると、尾鰭に白い縁取りがなく、どうやらマハタモドキのようだった。

 

潮模様か

良く喰った1日だった。左ミヨシでは2mもあろうかというアカヤガラが上がった。腕ほどの太さがあり、全日本アカヤガラトーナメントが有れば、確実に入賞サイズだろう。きっとさばくのが大変だと思われるサイズだった。

よっちゃんも終盤のラッシュタイムに2キロオーバーをかけた。今日は船中、皆そこそこサイズを上げて、船長もご機嫌の釣行となった。

ボインサイズには到達出来なかったが、まずまずの良いサイズを計7本も釣らせてもらった。息子の誕生日が近いので、2、3本キープしてあとはご近所にお裾分けしよう。

煮切り味醂と醤油のヅケ丼が旨そうなので、やってみようかな…?

f:id:BOSS0430:20210226145714j:image

f:id:BOSS0430:20210226145727j:image

↑頭は9匹だって。本当にすごく喰った日でした。

黒いのが多分、マハタモドキ。

 

0220大荒れのヒラメ釣り、大損害〜

南西風強い予報

を押して出船。Oさん右トモ、2番目オイラ、3番胴の間にMさん。今日は貸し竿の集団が乗って10名満船になった。

船長、なんとか沖を目指すも途中でうねりが高く風が吹き出したので、灘口へ引き返し、15〜20mラインをヒラメ狙いに。

 

横流し

でヒラメを狙う。岩盤底で固い感触が伝わる。Oさんが序盤で3キロくらいの良いサイズのヒラメをあげた。ベタ底とのこと。ところが今日は風で船の流れが早く、仕掛けをじっくり見せられる感じでは無い。潮先になった時は極力糸出しして仕掛けの動きをゆっくりに調節。コツン、コツン、とあたりが出るも食い込まず。

 

懸命に

誘いを繰り返すも食い込まない。Mさんもあたりが出ない。

あっという間に終盤へ。10時を回った頃、ようやくオイラの竿先にガクガク、とそれらしいあたりが出た。ところがそこから引き込みがない。しばらく誘って仕掛けをあげると、尻尾のあたりにかじりあと。

 

結局最後までこんな調子で、大荒れの大原は微笑んでくれなかった。

途中、心配していたお祭りは一回。なのだが、お祭りを船長が解いてくれた際に仕掛けを切ってくれたのだが、なんと幹糸がペラってしまう。ググ〜、と竿先が一瞬で船底に引き込まれ、オイラのショットバイパーの穂先がポキン😭

 

買ったばかりなのに早速保証書持って修理に出す羽目になってしまった〜

 

f:id:BOSS0430:20210220141946j:image

f:id:BOSS0430:20210220142004j:image

f:id:BOSS0430:20210220142011j:image

↑大荒れの大原。抜群の感度のSMTは取扱い注意の繊細さ。😭